・代表者:吹雪大樹
・会員数:2691名(2024年5月31日現在)
・会費:無料(実費のみ)
公式ホームページ

ホルガカメラの面白さを普及させるべく2001年12月に22名で発足。全国規模で定期的に活動を続けているホルガのサークルは日本で当会のみです。北は北海道、南は沖縄、さらに韓国・台湾・マレーシア・シンガポール・ヨーロッパ各国からも外国人メンバーが参加しています。ホルガカメラ専門のサークルとして各種メディアから注目を受け、新聞雑誌・TVニュース・海外メディアなど数多く取り上げられています。

不定期の公式撮影会と品評会、そして毎年夏に開催するグループ展・ホルガエキスポ、さらに会員それぞれが開催するミニ撮影会、アートイベントへの積極的参加などが主な活動内容です。現在は東京にも支部を発足し、東西2箇所で活動しています。

またホルガ会は写真超初心者の学生からこの道ウン十年のプロカメラマンまで、スキルも職業もまったく違う幅広い層の人々がホルガというトイカメラを通じて同じ土俵で写真を楽しむことができるという、全国でも類を見ない形態の写真サークルとなっています。

・代表者のプロフィール
 吹雪大樹(ふぶきたいじゅ)ギャラリーアビィ代表/写真映像作家/1971年大阪生れ・大阪市在住
 1999年頃よりホルガによるトイカメラ写真を手がける。ホルガ関連の個展、グループ展を多数開催。
 2005年5月より、南船場にギャラリー・アビィをオープン。
 2009年NHK土曜時代劇「浪花の華」のエンディング映像用写真をホルガで撮りおろす。
 「世界のホルガ写真家10名」に選出され、世界各国で作品を巡回展示中(2015年まで)